自然をドクターズチョイスから摂取する人も多いですが

不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に必須の栄養が多いので、意識して食べたい食品に入ります。

全体的にはバランスよく多くの食材から栄養をとるのが妊娠にも産後にも有効です。

また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。

妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしたという訳です。

無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。

例えば、フルーツでは、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。

他の果物では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのも良い方法だと言えますね。

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。
ベルタ酵素の効果

通常の食事での摂取とは別に、よりたくさんの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることが心掛けたいですね。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。